FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッサ&ライコネンもチームの姿勢を理解・・・

もしフェラーリが今シーズン末にF1を撤退すれば、フェリペ・マッサとキミ・ライコネンの両ドライバーは自らのレーシングキャリアを別の場所で続けることになるが、両者ともチームの決断を完全に支持している。
massa-barcelona-z-03_080509.jpg

有名なフェラーリに加入して自らの夢をかなえたマッサにとっては完ぺきなシナリオとは程遠い。しかしながら、FIAが提案した“2重構造”の2010年レギュレーションが改訂されなければ、マッサはF1を去るというフェラーリの計画を完全に支持する。

「会社がどうしてそうしたのか動機は理解している。チャンピオンシップに2つの速度、2つの(種類の)マシン、例えば可変ウイングや回転数制限のないエンジンが存在するとか、そういう考えはとんでもない」

「ドライバーにとって、F1でフェラーリを駆るというのは夢だ。僕はそれを実現させた。子供のころからフェラーリは僕にとって自分がレースをするということと同義語だったんだ。だからこそ、僕はたとえスクーデリア(イタリア語でチーム)がF1を去ることになったとしても、紅いマシンが走られる場所でまた別の競争をするだろうと確信している」

さらにチームメイトのライコネンは現行契約満了の後、F1から引退する意向だとうわさされているが、フェラーリなしのF1は考えられないとしながらも、すべての年のチャンピオンシップに参戦し続けてきたチームの意向に同意している。

「フェラーリのいないF1を考えるのは難しい。僕がマクラーレンでドライブしていた時もマラネロからやってきたスクーデリアはベンチマーク(基準)だったし、自分が比較されなるべきライバルだった。僕がこのチームに来てからは単にチームであるということにとどまらないことを理解したし、市販車やレーシングカーを通じて永続させられる伝説だ」

「エンジンが搭載されたものすべてでレースをすることが僕はずっと大好きだった。そして僕はいつも競争の面でも技術の面でも、F1がモータースポーツの最高峰であると考えていた。僕は別々のルールに基づいて製造されたマシンを駆って、ドライバーがコース上でお互いに競争し合っているのは想像できない。これはF1自体にとってもファンにとっても良くないことだと思う」

「もしそうなれば、最悪ではあるけれど、僕はフェラーリのような企業が別の場所でのレースを考えることを理解している」

Daniel BASTIEN
© CAPSIS International
Jim
RACING-LIVE Japan
スポンサーサイト

theme : F1GP 2009
genre : 車・バイク

お役立ちおススメ情報

役立つ何でも情報リンク!!
プロフィール

おくるま・カスタムカー.com N 編集長ブログ

Author:おくるま・カスタムカー.com N 編集長ブログ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
YouTube DL

developed by 遊ぶブログ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
検索フォーム
運営サイト・リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。