FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月9日発表/フルモデルチェンジ/ハッチバック/275.0万~312.0万円(消費税込み)

2種類の1.4TSIエンジンを用意。
t0185_1.jpgt0185_4.jpgt0185_5.jpg


新型ゴルフのボディは、全長と全高が先代ゴルフVとほぼ同サイズで、全幅のみ30mm拡大。しかしこの拡大分は大きくなったアウタードアハンドルによるもので、事実上は同サイズとみて差し支えない。
 実際、室内長、室内幅、シートの座面寸法など、インテリア各部の寸法はゴルフVと同一に仕立てられた。
 パワーユニットは、エントリーグレードの「TSIコンフォートライン」が122ps、上級グレードの「TSIハイライン」が160psのTSIエンジンを搭載。どちらも直4DOHCながら、前者はターボのみの過給、後者はターボ+スーパーチャージャーによるツイン過給となる。
 トランスミッションは、先代「TSIトレンドライン」で採用されたダブルクラッチギアボックス「乾式7速DSG」を両グレードに採用。パワーロスを抑えた効率的な伝達と、多段化による燃費向上が魅力となっている。

格段の進化を遂げたセーフティ機能。

キャビンの広さはゴルフVとほぼ同じだが、その一方でコンフォート性は大きく向上した。
 フロントウインドーに、3層構造の遮音層を採用。さらにフロントサイドウインドーの厚さを従来比10%増とし、風切り音の侵入を効果的に遮断している。
 パターンノイズの侵入対策として、ホイールハウス内に新たな遮音材も追加された。ただVWらしく、運転に必要なインフォーメーションとしてのノイズは、最小限聞こえるようチューニングされている。
 安全性能においては、新たに運転席ニーエアバッグを追加し、合計9個のエアバッグとした。より確実にエアバッグが期待できるように、音響センサーも新たに採用された。
 また、コーナリングランプを内蔵したフロントフォグランプや、リアのエンブレム内のリアビューカメラ(オプション)など、ドライバビリティにおけるセーフティ性能も大きく向上させている。
 新型ゴルフは、まさに“成熟”のひと言にふさわしい進化を遂げたと言えるだろう。
スポンサーサイト

theme : 新車・ニューモデル
genre : 車・バイク

お役立ちおススメ情報

役立つ何でも情報リンク!!
プロフィール

おくるま・カスタムカー.com N 編集長ブログ

Author:おくるま・カスタムカー.com N 編集長ブログ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
YouTube DL

developed by 遊ぶブログ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
検索フォーム
運営サイト・リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。